昼ベロ酒場探訪 5
17 September 2017 | 6:54 am

昨日(9月16日・土)、 買い物用事で新宿から池袋と、回りました。 買い物の後、久しぶりに 昼ベロ酒場の探訪 をと考え、池袋の 居酒屋 八丈島 と決めていました。 1時半過ぎ頃に、JR 池袋駅西口から歩いて直ぐのロマンス通りに、 居酒屋 八丈島 を見つけ、 入口の戸を開けると店内は満席で、1人の席も空いていないと、断られてしまいました。 仕方なく、駅に向かっていると、 喰い処 酒処 若大将 の看板が目に留まり、入口のそばの看板に 全て1品345円 とあり興味を引かれ、今回の 昼ベロ酒場探訪 は、この店としました。 先客は、カウンタ-に3名と奥のテ-ブル席に3~4人のグル-プだけで、閑散としていました。 店員は中国人女性が2~3人で、注文取り・調理・運び・会計を行っていました。 生ビ-ルと焼き鳥を頼み、昼ベロをスタ-トさせ、入口のガラスの先に見える通行人を眺めながら、時おりメニュ-の品書きを見ては、酒の肴を追加注文し、飲み物は日本酒に切り替えました。 鳥皮のから揚げ とはどんな物か?と追加注文し、店内から通行人の動きを眺めながら、何回か お替りした日本酒を舐めていましたら、厨房に立っていた店員の姿が消えてしまいました。 気が付くと、中国人の店員2人が厨房に座って小声でおしゃべりをしており、30分以上この状態が 続きました。 手元の酒が無くなり、頼んだ 鳥皮のから揚げ も運ばれてこずで、ひどい店に入った と後悔を始めたころ、別の店員が奥から現れ、ようやく酒の追加と注文品の催促が出来ました。 この店員が 「トリカワノ カラアゲ マダカ?」と、厨房に向かって声を掛けたところ、1人が厨房から 立ち上がりました。 「ゴメン ゴメン。 リョウリ シテイタケド ワスレテタ。 クロクナッタカラ モウイチド ツクル。 マッテネ。」と、たどたどしい日本語で答えました。 ここの店員は、油を高温にし火を使う料理から目を離していたもので、万が一 油に引火したらどう なるのか?を教えられていないようで、恐ろしさを感じたものでした。 この店には二度と足を運びませんが、庶民の味方 昼ベロ酒場 の一つが、低質な店員の不注意に よる火災・食中毒などを起こさないように願ったものでした。       〈 居酒屋 八丈島 入れず 〉               〈 喰い処 酒処 若大将 〉       〈 喫煙 カウンタ-席 〉                  〈 レトロな店内 〉

立ち泳ぎ 英語では?
4 September 2017 | 3:01 am

9月1日(金)の英会話クラスでは、順番で私も英語スピ-チをすることになりました。 話題を何にするか?迷いましたが、56歳から生涯スポ-ツとして水泳を習い始め、4年後に迎えた還暦の記念として、遠泳に参加した思い出を、話しました。 実際の遠泳では、水泳教室の生徒は3列の縦隊で泳ぎ、その各外側に救命ブイを引いたコ-チが 一列となって泳ぎ、その外側に30人程乗れる船が二艘伴走したものでした。 遠泳中に、足がつって泳げなくなったり、泳ぐ気力を失せた人は、随時 船に引き上げられました。  引き上げの間、残りの泳者全員はその場の海水中に 立ち泳ぎ で留まり、再スタ-トを待ちました。 この思い出を話す時に、 立泳ぎ を STANDING SWIM と訳したところ、米国人の女性講師から TREADING WATER と直されました。 立ち泳ぎ に対し、英語では SWIM を使ず、何故 WATER なのか?と疑問に思いました。 疑問に対し講師は、「 立ち泳ぎ = TREADINNG WATER 」は、WATER (水)の中で TREADING (両足でペダルを踏む動き)を続けているもので、泳がずに立ち留まっているものですから、SWIM とはならないのです。」と説明してくれ、理解出来しました。 さらに、「 TREADING WALK という言葉があり、これは昇進などを進められない・ 前向きに行動 出来ない の意味があります。」と、加えてくれました。 この説明を聞いて、NHKオ-プンスク-ルで昨年4月から学んでいる将棋において、私の将棋力 は正に TREADING WALK の状態であることを、気付かせられたものでした。  

すり鉢 英語では?
21 August 2017 | 1:26 am

国立のNHK学園オ-プンスク-ル英会話講座に、7月~9月の間だけ参加しています。 一昨年4月より参加の将棋講座が午前中に終り、その後に午後の猛暑の中を国立駅まで歩くのは、健康に良くないと思い、金曜日の午後1時より始まる英会話クラスに参加しているものです。 7月15日のボブのブログで「歯の抜き方 アメリカ流」 を、クラス時の見聞として紹介しています。            http://bobtakeda.tamaliver.jp/e442059.html 8月18日のクラスでは、メンバ-の一人が自分で作った ズンダ餅 を持参し皆に配り、その作り方を 英語でスピ-チしました。 各メンバ-によるスピ-チは、隔週に行われ、3~4人が好きな話題で話します。 英語スピ-チは、皆の前で英語を話す実践ですが、事前に英文原稿を作る時に、時として日本語・ 日本流の表現の英訳に悩む事が、勉強になります。 スピ-チ発表後に、講師にスピ-チの英語表現は正しかったか?・英訳に悩んだ日本語の最適英訳は何か?を教えて貰い、これらも英語の勉強になっています。 ズンダ餅のスピ-チをした女性は、「茹でた枝豆を擂り潰すのに、すり鉢 を使った。」 を訳す時に、 すり鉢 を辞書で探したが分からなかったと、講師に すり鉢 の英語を尋ねました。 米国人講師は女性の調理動作を確認し、「それは ゛ MORTAR ” だ。」と、教えてくれました。 メンバ-の一人が「日本の すり鉢 を見たことはあるか?」と尋ねたところ、彼は 「よく見ているよ。」 と答えたので、少しびっくりしました。 「どこで見るのか?」 と尋ねると、「好きなラ-メン屋では、 すり鉢 をラ-メンを入れて出す容器に使っている。」 と答えてくれ、納得出来ました。 クラスを終えて帰り道を一緒にした年配の男性は、 「すり鉢 は家でも使っていますが、 あたり鉢 と呼んでいますよ。」 と、話してくれました。 日本人は スリ・スル の音を 忌み嫌って、代わりに アタリ を使うものと、思い出しました。 すり鉢 → あたり鉢、するめ → あたりめ、ナシ(梨)の実 → アリの実 等々でした。 先日の英会話クラスは、日本の事物・習慣を思い出させられるものがありました。                   〈 我が家の あたり鉢 大・中・小 〉


More News from this Feed See Full Web Site