夜高まつり(北陸旅行)
23 June 2019 | 5:57 am

6月15日~17日、富山~石川を巡る2泊3日の旅を、してきました。 旅行会社のパンフレットに、 となみ夜高まつり の美しい写真が載っており、 青森ねぶた祭り との 比較で見物したく、ツア-に参加したものでした。 15日(土) 東京駅 → (北陸新幹線) → 富山駅 → (観光バス 高岡に移動) → 国宝 瑞龍寺     → ( 砺波 に移動) → 頼成の森 花ショウブ見物 → (移動) → となみ夜高まつり 見物 →        ( 金沢 に移動)                                ホテル日航金沢 泊                                        16日(日) ホテル → (観光バス) → 成巽閣 見物 → 兼六園 見物 → ひがし茶屋街 散策      → 料亭 金城樓 (昼食) → 能登食祭市場 → (和倉温泉 に移動)       多田屋 泊  17日(月) 多田屋 → (観光バス) → 柳田植物公園 → 合鹿庵 あえのこと神事見学・昼食       → (移動) → 金沢駅 → (北陸新幹線) → 東京  今回のツア-参加の主な目的は、砺波地方で昔から行われてきた 夜高祭り の見物でした。 砺波地方の16町内が、それぞれ半年も掛けて製作した大型行燈山車(高さ6m・長さ9m)を、 14日に出来栄えコンク-ルを行い、15日は行燈山車をぶつけ合い勝負を競う豪快なお祭りでした。 丁度 2頭の闘牛が戦う様子で、2町内の人がそれぞれの行燈山車を長い綱で引きヨイヤサ-、 ヨイヤサ- の掛け声を出し、そのボルテ-ジが上がってゆくと合図が出され、両側から2台が 相手に向かい走りだし、相手側の行燈山車に全力でぶつけました。 大きな ガッシ-ン の音響がして行燈山車は止まり、衝突後の台車前方の位置で勝敗が決まり ますが、負けを判定された側は納得せず、再度ぶつかり合いを望むもので、計3回もガチンコの 勝負が行われました。 一組で3回のぶつかり合いが終わると、どの組も行燈山車の一部は壊れており、凄まじさが示されていました。 美しい16台の行燈山車が、祭りの最後に闘牛のように豪快にぶつかり合う となみ夜高まつり は、 青森ねぶた祭り には見られない迫力あるお祭りで、見物を堪能して来ました。       〈 会長賞の行燈山車 〉                〈 高さ 6m 長さ 9m の行燈山車 〉        〈 ぶつけ合いを待つ山車 〉             〈 4~50人で引かれる山車 〉

時計の価値
10 June 2019 | 1:51 am

6月10日は 時の記念日 で、かっては時計に関連した番組が放映されていましたが、今の時代は 時の記念日 を話題にした報道は、無くなっています。 一方、新聞・雑誌などの広告媒体には、時計好きと云われる日本人向けに、高額な腕時計の宣伝が常に大きく載っています。 高額時計の多くには、時刻を知る以外の機能が付いた複雑時計 や、ムーブメント(機械)の中身を 見せる スケルトン時計 などもあります。 ある広告には、「身に着けている腕時計で、その人物のステ-タスや感性が表せられる。」 「高級 腕時計を買わない人生なんて、もったいない。」 などと、謳われています。 そのせいか、現役のサラリ-マンの中には、高額と思える大きな腕時計を他人に見えるように腕に している人達が、見受けられます。(それらの光景を見て、情けないと思います。 … ) 。 かなり前 従弟が現役だった時に、見慣れぬ複雑そうな時計を、腕にはめているのを見付けました。 私が「腕から外して、見せて欲しい。」と頼んだところ、「普通の腕時計をしていると、部下に馬鹿に されるので、高級時計に見えるこの腕時計をはめているんです。」 「もと時計修理のプロの貴方に 見せれば、すぐに偽物とばれてしまいます。」と白状しました。 その時、身に着けている腕時計で、その人の価値が判断されてしまう時代?と、驚いたものでした。 腕時計は、身に着けて時刻を何時でも知るための機械であり、その目的であれば千円台で買えるクォ-ツ時計で十分に間に合います。 いま使っている三代目の CASIO クォ-ツ腕時計 は、腕に軽く 時間が見易く、1年に1回ボタン 電池を交換すれば済み(自分で出来る。)など、とても気に入っています。 まさに Simple is best. Value for money. なのです。                    〈 愛用のクォ-ツ腕時計 1,080円 〉

ペペロンチ-ノとは!
31 May 2019 | 10:13 pm

ア-カイブ記事            公開 : 2018年11月29日 ペペロンチ-ノ とは、イタリア語 で 唐辛子 のことです。 ところが、今の日本で スパゲッティ をペペロンチ-ノ とも呼ぶようになってしまったようです。 外国語の勉強は好きではなくとも、横文字を使うのは格好良いと思う日本人の特性からか、外国語を勝手に解釈し Japanese-English(外国語) にして使うことがよく有ります。 私は、今の日本で スパゲッティ をペペロンチ-ノ と呼ぶようになったのも、同じ類ではないか?と、 考えています。 40年前の1978年 初めての海外出張(カバン持ち)で、イタリアに50日間ほど滞在し、調査のため アンコナ・ボロ-ニャ・ベロ-ナ・ミラノ・トリノなどの都市を訪れました。 食事は、昼は現地のレストラン・夜は泊まるホテルのレストランで食べましたが、どちらも2時間近く かかるフルコ-スの食事でした。 イタリアのフルコ-スの食事では、ス-プは出ずにパスタ類(主にスパゲッティ)がその代わりとなっており、メイン料理の前にかなりの量が出されました。  もともと麺類が好きな私は、各レストランでス-プ代わりに出された各種スパゲッティは美味しく 食べて、すっかりハマってしまいました。 この滞在中のベ-スとなったホテルは、アドリア海に面した田舎町にあり、夜の食事には魚介類が 多く使われ、新鮮なアサリ入り スパゲッティ ボンゴレは絶品でした。 現地で出張のない土日は、このホテルにいましたので、いつ食べても美味しいスパゲッティを日本に帰ってから作れるように、ホテルレストランの厨房で、何度かスパッゲッティ作りを見学させてもらい ました。 ☆.厨房での スパゲッティの作り方 ①.使用麺 De Cecco (ディ チェコ) #11 ②.茹で方 大きな鍋に湯を沸かし、岩塩をい入れ、7~8分茹でる。茹で加減は硬め(アルデンテ)。 ③.平行して、フライパンに多めのオリ-ブオイルを入れ低温で熱し、適量のニンニク・唐辛子を入れ    香り・辛味を付ける。 ④.茹で上がったスパゲッティを、③.の中に入れ絡めれば、出来上がり。   ☆.メニュ-に書かれる料理名    スパゲッティ ア-リオ オ-リオ ペペロンチ-ノ ← 基本スパゲッティ  *ア-リオ = ニンニク、 オ-リオ = オリ-ブオイル、 ペペロンチ-ノ = 唐辛子 イタリア各地のレストラン メニュ-にも、スパッゲティ ア-リオ オ-リオ ペペロンチ-ノ と記載 されており、この基本スパゲッティに具材が入る時は、この後ろに コン(with?) が付き、 入れた具材の名が連なりました。 例えば、アサリ入りなら コン ボンゴレ ・キノコ入りなら コン フンギ ・イカ入りなら コン カラマリ と書かれていました。 パソコンでペペロンチ-ノを検索すると、スパゲッティ料理として説明されていますが、現地イタリアのレストランで「ペペロンチ-ノ!」と注文して、基本スパゲッティ が運ばれてくるのか?と、疑問に思う 次第です。    〈 ベラ ンダで育てたペペロンチ-ノ 〉          〈 最後に採ったペペロンチ-ノ 〉       〈 今年も種から苗作り 〉                〈 昨日、プランタ-に移植しました 〉


More News from this Feed See Full Web Site