カッコ-飛来
19 May 2020 | 5:43 am

毎年5月中旬ころ、 渡り鳥の カッコ- が、はるばるアジア大陸から我が家の近所(小平市仲町)に、飛来してきます。 近所に、熊野宮(くまのぐう)神社 があり、飛来したカッコ-はこの神社の古樹に羽を休め、数週間 とどまり、毎日「カッコ-、カッコ-」と、鳴き声を、聞かせてくれます。 熊野宮神社 は300余年前に、1本の巨木榎 の元に祠が建立されたのが始まりで、1本榎 は江戸時代に傍を通る青梅街道を旅する人達の、大切な目印となっていたそうです。 山里でもない小平に、アジア大陸から渡ってきたカッコ-がなぜ 熊野宮神社 で羽を休めるのか? なぜ毎年飛来してくるのか?を考え、「江戸時代に先祖のカッコ-は巨木の1本榎を目印に飛び続け小平に着き、その記憶が子孫の カッコ-のDNA に残されているからでは?」と、想像しました。 一方、神社の古樹に羽を休めた 今年のカッコ- は、神社の境内を見下ろし参拝客がいないのに 気づき「 閑古鳥 が、鳴いている。 なぜだろう?」と、思っているのではないでしょうか? 今の日本は 緊急事態宣言 で、多くの場所・施設・店などで 閑古鳥が鳴かされており、関係者の 多くは泣いている状況です。 コロナ禍が、一日も早く収まることを願う、毎日です。       〈 無人だった熊野宮神社 〉                 〈 3代目の武蔵野1本榎 〉

STAY HOME !
6 May 2020 | 2:01 am

かなり前に高齢者の仲間入りをし、どの様にしたら惚けずに天寿を迎えられるか?を、考えました。 ある時、高齢者を対象にした講座 「惚けずに老いる」 を知り、自問への答え探しで受講しました。 講師は、「高齢者が惚けを防ぐには、各自が キョウヨウ・キョウイク が有るように努めることです。」と、話し出しました。 私は 「今更、教養・教育に努めろと云われても…。」 と戸惑いましたら、講師は続けて「キョウヨウ とは 今日の用事 で、 キョウイク とは 今日行く(所) があると云う事です。」 と話しを続けました。 「高齢のため、何もする事が無く、家に閉じ籠ってばかりいると、誰でも惚けてしまいます。 積極的に毎日の用事を作り外出すれば、活力ある生活が出来、惚けを防止できるものです。」 と、教えてくれました。 その受講の後に、私は積極的に小平市が用意してくれるイベント・行事への参加・公民館講座への参加・自身での外出機会作りを心掛けてきました。 その成果か、お蔭様で今のところ惚けが進まず、高齢人生を歩み続ける事が出来ました。 ところが、今の 新型コロナ感染拡大 が、今までの生活スタイルを否定し、「 STAY HOME ! 」と 叫ばれ 「キョウヨウを作るな!キョウ(何処にも)イクな!」 の世の流れとなってしまいました。 5月6日までだった 緊急事態宣言 が、さらに5月末まで延びる事になり、従わざるを得ません。 しかしながら、6月を迎えコロナ禍を逃れる事が出来たとしても、 STAY HOME ! のため、私は すっかり惚けてしまうのではと心配です。  

牡蠣の燻製作り
20 April 2020 | 1:52 am

先日のTV番組で、缶つま (缶詰のおつまみ)が話題となり、人気NO.1が広島牡蠣の燻製オイル 漬けと紹介されました。 紹介された 燻製牡蠣の缶つま は、以前に食べ知っていましたが、値が張るのに中身の牡蠣の量は 少なく、贅沢品の部類と思え、酒の肴としても気軽に買えませんでした。 一方 私は、不用品利用の 自作簡便スモ-カ- で、ニジマス・牡蠣・その他食材で燻製作りを行い、 それぞれ出来た燻製料理はどれも美味しく、主に酒の肴として楽しんでいました。 番組を観た私は、食材としての牡蠣のシ-ズン(Rの付く月)はもう直ぐ終わりと気付き、近所の 角上魚類に行き、加熱用の牡蠣を買い求め、久しぶりに牡蠣の燻製作りを行いました。 今回の燻製作りでは、①.簡便スモ-カ-に、不要となった蒸し器上部を乗せ使う。 ②.百均 ショップで見つけたスモ-ク材・桜のチップを使う。 ③.火種の一部に、バ-ベキュ-用の炭を使う。 等の工夫を加えてみました。 結果は、以前に買い食べた缶つまの燻製牡蠣より美味しく(手前味噌)、それ以上に良かったのは 製作費がリ-ズナブルに済み、さらに持て余していた暇が潰せたことでした。 出来上がった 燻製広島牡蠣 はガラスの大瓶に入れ、加熱したオリ-ブオイル(ニンニク・鷹の爪 入り)で満たし保存させ、しばらくの間の酒の肴となります。   〈 出来上がった燻製牡蠣 1個5センチ 〉           〈 大瓶に保存した晩酌用 燻製牡蠣 〉


More News from this Feed See Full Web Site